トップページ

中古券売機の買取りはアトラスへお任せ下さい!関東圏は直接買取りに伺います

アトラスへようこそ。 お客様のご不要になった券売機はアトラスが高価買取りいたします。全国宅配買取り・持込もOK!簡単でスピーディーなお取引をお約束いたします。買取後即現金支払い可!埼玉・東京・千葉・群馬・茨木・栃木・神奈川・東北のお客様はアトラスへお気軽にお電話ください。もちろん、全国買取対応いたします。


LINE@でお友達登録すると、いち早くお手持ちの券売機の金額がわかります!まずは、サイドバナーでお友達登録ボタンをクリックして下さい!

券売機・食券機・発券機とは?

券売機は飲食店や理髪店・駅の切符売り場・遊園地などで使用されている自動発券機です。券売機を導入するメリットは、レジなどの金銭の受け渡し業務が軽減され金銭受け渡しの間違いがなくなることです。もう一つ、意外と知らない方が多いのですが、さいきんの券売機は売り上げの管理もしてくれます。どの商品が何個売れたのか?どの商品が一ヶ月・一年を通して売れているのか?他にも沢山の事を集計してくれます。さいきんの券売機は専用のCDロムなどが付属しているのでパソコンと 連動して、かなり詳細な売り上げの集計ができます。売り上げの帳簿も、わざわざエクセルでつくることも必要なくなります。USBメモリーがあれば、券売機本体に蓄積された売り上げや食券のデータを持って後で自宅でゆっくり管理することも可能です。一部の券売機はオンラインで複数店舗の売り上げなどリアルで見ることも可能です。そして、最後に金銭を従業員さんにさわらせなくていいので、金銭事故も少なくなります。でも、券売機って結構なお値段ですよね?アトラスは、小規模店舗の事業主さまや創業間もない事業主様に少しでもお安く中古品でも安心して使える券売機を提供いたします。

簡単無料査定いたします!たったのこれだけ!

券売機を高く買取ってもらうには?

  1. 取説・専用架台・CDロムなどの付属品などは出来るだけ付けて下さい!
  2. 中古品は購入時に状態が近ければ近いほど高価買取りできます。テープやダイノックシートなどは出来るだけ剥がして査定を受けて下さい。特にガムテープなどの粘着力の強い物は剥がしておくと高価買取りのプラスポイントとなります。
  3. 写真などの撮影をして頂ければ、高価買取り致します。使用年数・個体番号など出来るだけ詳細な情報を提示していただくと買取額はアップします。判断材料が少ないと最低買取額を提示するのが中古買取業者の一般的な査定方法です。
  4. 清掃をして査定を依頼しましょう!買取業者は意外と通常時にどのような使い方をしていたか外見で判断致します。埃や汚れなどが付いてる場合、使い方が悪いと判断します。やっぱりどれだけ大事に使っていたか気になるもんです。同じ商品でも清掃している場合としていない場合では査定額は2・3割変わってくるなんてこともよくあります。表面だけでも雑巾などで拭いておくと査定額が違ってきます。
  5. 不備な点などがあったら必ず報告しましょう!電装関係の不備や識別機の読込みが悪い場合は前もってお伝え下さい。現調確認のときに、不備がわかるとマイナス評価になります。
  6. お店などでコンセントを接続して稼働させておくと、高価買取りのプラスポイントになります。 倉庫などで長い期間保管している場合は、査定額が下がります。必ず査定を受ける前に動作チェックをして通電をしておきましょう。機械は長い期間放置していると不具合が発生する場合があります。査定の2.3日前に通電をして動作を確認して下さい。その旨を買取業者にお伝え下さい。通電確認をしないで査定を依頼するとマイナスポイントとなる場合があります。
  7. 新品で券売機をご購入されたお客様は、メーカーの保守契約を結んでる場合があると思います。 その場合は、メンテナンスの履歴や日付を提示してください。買取金額が全然違ってきます。 また、査定を受ける前にメーカー・販社など購入した業者にメンテナンス受けておくと買取りのプラスポイントとなります。メンテナンス証明書を発行してくれる販社もありますので一緒に受け取ってください。メンテの証明書がない場合は、領収書などでも結構です。買取に最もいいプラスの条件となりますよ!
  8. 最後に価格交渉ですが、他者様のお見積もりを提示してください。当社が買取可能な金額であれば商談もスムーズになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着情報

2018年4月5日
GLORY VT-S20の出荷準備完了しました
2018年3月23日
両替機も続々入荷してます!
2018年3月23日
大型券売機 券職人 VT-B10買取りました!
2018年2月17日
グローリー 中古両替機ERD-20Q(オーバーホール)入荷しました!
2018年2月13日
ニュースタイトル