券売機|キャッシュレス対応

こんかいは、電子マネー・QRコード決済を無償で活用する方法についてです。

グローリー券売機のVT-T20・VT-G20・VT-S20は、専用端末を付ければキャッシュレス対応として利用できます。

ただ端末はメーカーオプション品、決して安くはありません。

また、同じ券職人シリーズでもVT-B20は電子マネー非対応機種です。

VT-B20 グローリー券売機

先日、このVT-B20の設定をしたとき『電子決済クレジット用の発券をしたい』と言われました。

「レジにてQR決済ですか?」「はい、その通りです」とのこと。

PayPay(QRコード決済)は、端末を無料で貸し出しています。

つまり、高額な端末をわざわざ買わなくとも『QRコード決済』はできます。

PayPayと契約すれば、今のところ端末無料・手数料も破格らしいです。

らしいと書いたのは、今後変わる可能性もあるからです。

むかしは現金払いのみ、その後クレジットカードが普及し、今ではたくさんの決済方法があります。

因みに…わたくしはSuica(交通系の電子マネー)とnanaco(流通系の電子マネー)で支払うことが多く、クレジットカードは高い買い物をするときだけ。PayPay支払いはごく稀です。

あくまでもイメージですが、PayPay=若年層 スマホでピッの世代かと思います。

主な電子マネー

  • Suica(スイカ)関東圏の普及率No,1の交通系
  • QUICPay(クイックペイ)JCBが運営するチャージ不要型
  • WAON(ワオン)イオンが発行するプリペイド型
  • nanaco(ナナコ)セブンイレブンなどを中心に利用できる流通系
  • iD(アイディー)NTTドコモ提供のプリペイド・ポストペイ・デビット型
  • 楽天Edy(エディ)楽天ポイントと連携するプリペイド型
  • PayPay(ペイペイ)QRコード決済の利用率No,1。

支払い方法のプリペイド型・ポストペイ型・デビット型については、

下記ページが分かりやすかったです。

PayPayの利点

PayPayユーザー同士であれば、お金の送金ができます。

今までは友達と飲食店へ→レジで割り勘だったと思います。

ところが今は、財布を出さずにスマホで割り勘できるのです。

クレジットカード・財布を持たない若い方たちがお店の客層であるならば、QRコード決済サービスのPayPayを導入された方がよいかもしれません。

電子マネー決済・QRコード決済

今回のQRコード発券は以下のようにしました。

電子クレジット用 発券

電子決済クレジット この文字はQRコード、電子マネー、なんでも構いません。

■■■■■円 ここは変更できませんが、消すことはできます。

券売機の日計 売上げ0円、購入数が印字されます。

黄部分は店名が印字されます。