レンタルとリースのメリット・デメリット

店舗設備の売却を考えてる画像

こんかいは、お客様からの質問が多いリースとレンタルについて解説します。

そもそも「リースってなに?」

「メリット・デメリットは?」

「ローンとなにが違うの?」

かんたんに説明すると、

リース最大のメリットは『最新の券売機を導入できる

リース最大のデメリットは『途中で解約できない』

レンタル最大のメリットは『使ったぶんだけ支払う

レンタル最大のデメリットは『機種の選択肢がすくない』

この4点です。

券売機を導入される前に、リースorレンタルどっちにするか?

このページを参考にしていただけると嬉しいです。

そもそもリースとは?

券売機の買取金額に納得いかない女性

そもそもリースは、ファイナンス・リース取引とオペレーティング・リース取引の2種類があります。

一般的な契約は、ファイナンス・リースの方です。

ファイナンス・リースはさらに、所有権移転と所有権移転外に分けられます。

所有権移転とは?
リース期間が終わると所有権はリース会社からお客様へ
所有権移転外とは?
リース料を全額支払っても、所有権はリース会社のまま

契約のほとんどは、所有権移転外ファイナンス・リースです。つまりリース料をいくら支払っても自分の所有にはなりません。再リース延長しても同じこと、所有権はずっとリース会社です。

ご参考までに下図ご覧ください。

リースの仕組み
引用:三井住友ファイナンス&リース株式会社

リースの仕組みは以下の通りです。

  1. 好きな券売機を選ぶ
  2. リース会社が購入→お客様へリース
  3. 券売機が搬入される
  4. リース料の支払いスタート
  5. リース満了時に解約or再リースを選ぶ
    • 解約:リース会社に返却
    • 再リース:延長使用で支払い継続

契約期間中に支払うリース料は、券売機の購入代金、支払い利息、メーカーとの保守契約料・固定資産税(市区町村へ申告・納付)、保険料(保険会社)となります。


オペレーティング・リースは、ファイナンス・リース以外のことを指します。基本は短期契約、期間が終わればリース会社に返却します。不特定多数のお客様に賃借するので、レンタルのようなものとお考えください。

リース・レンタル・割賦の違い

リース・レンタル・割賦(延払)を比べてみました。

割賦(かっぷまたはわっぷ)延払(のべばらい)とは、代金を分割で支払うこと。

契約時しか聞かない言葉ですが、リースについての記事なので用いました。

レンタル詳細はこちら

  リース レンタル 割賦(延払)
中途解約 不可 不可
商品 あらゆる機械設備 券売機・両替機 あらゆる機械設備
選択肢 自由に選択 在庫品から 自由に選択
契約期間 7年以内 短期1日~ 5年以内
所有権 リース会社 レンタル会社 (※1)お客様
減価償却 リース会社 レンタル会社 お客様
損金処理 原則リース料全額 レンタル料全額 減価償却費・利息
管理責任 お客様 レンタル会社 お客様
期間満了 (※2)返却か延長 (※3)返却か延長 お客様の所有資産

(※1)所有権留保、代金を完済すると移行できる。

(※2)再リース選択で延長使用できる。延長後のリース料はグッと安くなる。

(※3)当社では、契約途中でも購入へ切替えできる。

標準的な契約としての比較です。詳細はご契約会社へ確認して下さい。

リースのメリット

最新の券売機を導入できる
どれでも自由に選べます。リース期間満了時、延長を選択すれば機種変更できます。つまり、最新の券売機がまた導入できるわけです。急速に変わっていく決済、キャッシュレスに素早く対応できます。
多額な購入資金は不要
リース会社が一括購入するので、お客様の大きな費用負担はありません。リース料は毎月定額、コストの把握もかんたんです。手持ち資金が確保できるため、ほか設備に活用することもできます。起業されたばかりのお客さまには、とても心強いですね。
損金処理できる
原則、リース料全額を損金処理できます。また所有権はリース会社なので、減価償却費・固定資産税といった会計処理が楽になります。

リースのデメリット

中途解約できない
ファイナンス・リース契約は途中解約できません。どうしても解約する場合は、未払いリース料を一括返済しなければなりません。
審査がきびしい
金融機関の審査が必要です。提出書類がたくさんあり、時間もかかります。
自己管理が必要
所有者はリース会社ですが、管理責任者はお客様です。券売機メーカーとの保守規約が守られていない状況下での故障は、有償修理になることがあるようです。
自分のものにならない
所有権移転外ファイナンス・リースは、いくら支払ってもリース会社の所有です。再リース延長をしても所有権は変わりません。
総額は割高になる
リース料には、券売機の代金・固定資産税・保険料・金利などが含まれます。このためトータル支払いは高くなります。

レンタルのメリット

中古品のデータ分析

使った分だけお支払い
使用した日数のみ料金を支払うシステムです。契約期間は、短期1日~・7日以上・月契約・年契約とレンタル会社によって変わります。アトラスでは最短1日、日割り計算します。
いつでも解約できる
即日可能・事前通告ありなら可・契約満期までとレンタル会社により内容は様々です。アトラスならいつでも解約OK、違約金もありません。
審査が通りやすい
自社在庫品を直接お客様に貸出すので、金融機関の審査は必要ありません。このため時間もかかりません。
管理責任がない
レンタル中の故障は、どの会社も無償修理または代替品で対応します。ただしお客様有責は除きます。
損金処理できる
レンタル料全額を損金処理できます。また所有権はレンタル会社なので、減価償却・固定資産税の支払いといった手間がありません。

レンタルのデメリット

長期は割高になる
レンタルが長いほど支払う金額も高くなってしまいます。期間によりますが、「最初から中古券売機を買ったほうが安かった」なんてこともあります。アトラスなら、レンタル→購入へ切替えができます。
選択肢がすくない
レンタル会社の在庫品しか選べない。希望する仕様と違う、サイズが合わない、複数借りたいのに台数が足りない、と言った不都合もあります。
自分のものにならない
いくら支払ってもレンタル会社の所有です。このデメリットはリース・レンタルとも同じです。

レンタルorリースどっちにするか?

レンタルをおすすめしたい、お店は?

開業したばかりで、先行きが不透明なお店

短期間のえいぎょう形態のお店

以上2点があてはまる場合は、レンタルをおすすめします。

もっと具体的にいうと、「開業して間もない飲食店」と「海の家・スキー場」など季節限定の営業を考えている方です。

券売機を購入したいと考えているお店で、同機種をすこし試してみたいと思った方は、レンタル利用もひとつの手かもしれません。

次にリースです。

リースをおすすめしたい、お店は?

営業が軌道にのり利益が十分にとれているお店

最新で高性能、高額な券売機を導入したいお店

であれば、リースをおすすめします。

具体的には「液晶タッチパネルで高価な券売機」と「キャッシュレス決済」を導入したいお店です。ある程度の利益が把握できれば、リースを有効活用できると思います。

まとめ

リースのメリットは、最新の機種を新品で導入できることです。

レンタルのメリットは、いつでもお好きなときに解約できるということです。

どちらも、所有権はお客さまではありません。お金がない、資金調達がむずかしいときの解決策として、リースとレンタルを活用することこそが店舗運営のカギとなります。

アトラスでは、券売機レンタルの途中でも購入に切り替えることができます。ぜひご相談ください。

券売機は、お店を少人数で運営するのにとても便利な機械です。

リース・レンタルどちらを選択するか?じっくり考えてから選びましょう!